ニキビ肌の人形の頭

ニキビの原因と症状

不満そうな女性の様子

思春期から大人ニキビまで、男女問わず悩ますニキビのトラブル。
軽度のニキビなら、時間とともに消えてくれますが、肌の奥まで炎症が起こってしまうとニキビ跡としてずっと残ってしまいます。そのためニキビは早期治療が重要。ただし、ニキビの種類によって対処は異なります。
あなたのニキビはどの種類にあてはまりますか?ここでは、ニキビの種類とそれぞれの症状について見ていきましょう!

はじめに、ニキビには大きく分けて二種類のタイプがあります。思春期ニキビと大人ニキビです。20歳前後までに出てくるニキビは、思春期ニキビにあたり主な原因は皮脂の過剰な分泌が原因です。ニキビ跡にまで残ってしまうのがだいたいこの時期のニキビです。皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まりやすくなりアクネ菌が増殖します。アクネ菌は皮脂が大好物のため、激しい炎症になりやすい傾向にあります。

大人ニキビは、20歳以上のニキビで主な原因として、ストレスや食生活の乱れ、さらに肌の乾燥が影響してきます。そのためホルモンバランスが崩れると出来やすい、アゴ周りのUゾーンに出来やすい特徴があります。乾燥や食生活が乱れると、肌に皮脂が足りないと思い、皮脂の量が増えるため、毛穴を詰まらせてニキビになっていきます。

続いてニキビの症状についてです。初期段階のニキビにあたるのが、「白ニキビ」です。皮脂が毛穴に溜まっている状態で、ポツッと白く盛り上がっているのが特徴です。同じく炎症がない、「黒ニキビ」といわれる、毛穴部分の入り口が空気にふれ酸化し黒くなっている状態のニキビ。この二つの炎症が無い段階で改善されれば、ニキビ跡として残ることもほとんどありません。
面倒なのは、炎症がおこってしまったニキビです。白ニキビが悪化して赤く腫れあがるのが「赤ニキビ」。この段階で潰してしまったりすると、逆に悪化してニキビ跡になる可能性があるため注意しましょう。さらに赤ニキビの炎症が激しくなると、膿を持った最終段階の「黄ニキビ」に突入します。

ニキビは年齢によって出来方が違ってきます。基本的には皮脂の分泌量が増えることが原因で、それを餌にするアクネ菌の増殖でニキビは進行しますが、思春期ニキビはおよそ2〜3年で消えるのに対し、思春期ニキビは繰り返してしまうのも特徴の一つです。日頃のスキンケアや生活習慣の乱れに注意していきましょう。